空中合同軍事演習の米韓、史上最大規模の航空機230機参加 軍事衝突「あまり時間は残されていない」(夕刊フジ)

米韓両軍は4日、朝鮮半島周辺で、史上最大規模の合同空中軍事演習「ビジラント・エース」を始めた。最新鋭ステルス戦闘機など、航空機約230機が参加し、「核・ミサイル」開発を強行する北朝鮮への軍事的圧力を強める。こうしたなか、ハーバート・マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当、陸軍中将)は、軍事衝突まで「あまり時間は残されていない」と発言。共和党重鎮は在韓米軍家族らの退避を訴えた。

 合同演習には、米軍から最新鋭ステルス戦闘機F22「ラプター」や、同戦闘機F35「ライトニングII」、B1B戦略爆撃機「ランサー」などが、韓国軍から、F15K戦闘機「スラムイーグル」、E737早期警報統制機「ピースアイ」などが参加する。

 米韓両軍は8日まで行う演習で、新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星15」を11月29日に発射し、核攻撃能力を向上させている北朝鮮を威嚇する狙いだ。

 演習は、北朝鮮の弾道ミサイルの移動式発射台をはじめ、ソウル首都圏から約60キロ離れた南北軍事境界線付近に集中配備されている野砲やロケット砲の破壊手順の確認が主要目的とみられている。

 北朝鮮は「公然たる全面挑戦だ」(3日、朝鮮労働党機関紙、労働新聞)と猛反発しているが、同国が「核・ミサイル」を放棄するまで圧力をかけていく方針は、ドナルド・トランプ米大統領と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「火星15」の発射後、電話会談で確認済みだ。

 米国にとって、北朝鮮が米全土を射程とするICBMを実戦配備することは絶対に許容できない。

 マクマスター氏は2日、米カリフォルニア州で開かれた安全保障に関するフォーラムで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が「米国と世界にとって最大の差し迫った脅威」だと指摘。問題を早急に解決しなければ、武力衝突に「どんどん近づいていく。あまり時間は残されていない」と極めて強い危機感を示した。

 さらに、注目すべき情報がある。

 米共和党の重鎮、リンゼー・グラム上院議員は3日、CBSテレビの報道番組に出演し、米朝の「軍事衝突が近づいている」との認識を明らかにしたうえで、国防総省に対し、配偶者や子供など在韓米軍の扶養家族を退避させるよう求めたことを明らかにしたのだ。

 グラム氏は「先制攻撃は最終手段になる」とし、北朝鮮が「7度目の核実験」を行えば「米国による重大な対応」があるとも述べた。

いま、話題になっている・・・
【ガールズハント】girls-hunt|セックス量産マニュアルの決定版|ガルハンをご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社ムーンラッシュさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

カテゴリー: 最新NEWS | コメントする

中国の“微笑み外交”要警戒 「分断工作だ」尖閣衝突回避策で日中大筋合意にチラつく思惑 河添恵子氏リポート(夕刊フジ)

習近平国家主席率いる中国が軟化してきたのか。日中両政府は、沖縄県・尖閣諸島のある東シナ海での偶発的な衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の構築と早期運用に向けて「前向きな進展」があったと発表した。「日中関係の改善の象徴」と報じるメディアもあるが、歴史的に計略を用いる中国を簡単に信用していいのか。北朝鮮と台湾をめぐる、中国の思惑もささやかれている。

 「彼らの『工作』の可能性を疑った方がいい。中国は『微笑み外交』をしてきたときこそ警戒すべきだ」

 中国情勢に精通するノンフィクション作家の河添恵子氏は言い切った。

 海空連絡メカニズムは、自衛隊と中国軍が接近時の連絡方法などをあらかじめ定め、衝突を防ぐ仕組み。中国・上海で5、6日開かれた、日中の外務、防衛、海上保安当局などの高級事務レベル海洋協議で、主要論点がほぼ一致したという。

 河添氏は「北朝鮮と台湾の問題が背景にあるはずだ」といい、続けた。

 「習政権と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権の関係は劣悪で『事実上の敵』といえる。加えて、習氏は2020年以降、本気で台湾を取りに行こうとしている。こうなると、中国人は『敵の敵は味方』のフリをするモードになる。日本政府や自衛隊に笑顔で接近して、話し合いの環境をつくろうとする。彼らの本音は、日本人を油断させて『日米同盟の分断』と『自衛隊内のシンパ構築』を狙っているのではないか」

 習氏は10月の共産党大会で、「3つの歴史的任務の達成」を宣言した。この1つに「祖国統一の完成」があり、武力侵攻も含めた「台湾統一」と受け止められている。

 「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮に対しては、米国の軍事的制圧も視野に入ってきた。中国は、緊迫する東アジア情勢の中で巧妙に立ち回り、台湾統一の邪魔になる「日米同盟の分断」に着手したのか。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

カテゴリー: 最新NEWS | コメントする

韓国騒然!平昌五輪、米国連大使「参加未確定」で日本追随は? 最悪「中止」の可能性も(夕刊フジ)

韓国で来年2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に激震が走った。米国のニッキー・ヘイリー国連大使が米テレビ番組で、北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、米国選手団の参加は「未確定」と述べたのだ。米国が不参加となれば、日本も追随する可能性がある。今後の北朝鮮情勢次第で、大会は事実上の「中止」に追い込まれることもありそうだ。

 ドーピング問題によるロシア選手団の参加除外決定が出されたのに続き、平昌五輪にとって、ショッキングな発言が飛び出した。

 「北朝鮮をめぐる緊張が高まるなか、2018年冬季オリンピックへの米国の参加は、まだ未確定の問題だ」

 6日に放送されたFOXニュースの報道番組で、ヘイリー氏はそう話した。さらに、「私たちは(米国選手団の)安全のため細心の注意を払う」とも述べた。

 サラ・サンダース大統領報道官は7日の記者会見で、米国の参加について「正式決定していない」と述べたが、その後ツイッターに「米国は韓国で開かれるオリンピックへの参加を楽しみにしている」と書き込んだ。

 ヘイリー氏は、「更迭」方針が伝えられるレックス・ティラーソン国務長官の後任候補に挙げられる人物で、その発言の影響力は大きい。

 米高官の衝撃発言に韓国社会は騒然としている。8日付の朝鮮日報は《ヘイリー米国連大使「北脅威のため、米の平昌五輪参加疑問」》との大見出しで伝えた。

 米国が平昌五輪への不参加を決めた場合、影響は確実に他国に及ぶ。ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議するため、米国が1980年のモスクワ五輪出場をボイコットすると発表した後、日本や韓国も追随した。平昌五輪では欧州でも安全面を懸念する声が出ており、不参加国が拡大する可能性も考えられる。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

ヒルトル フィリップ太郎さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

カテゴリー: 最新NEWS | コメントする

半島有事で「難民ビジネス」横行 中国漁船がブローカーに、日本人拉致被害者かたる人物まで!?(夕刊フジ)

朝鮮半島有事の恐れが高まる中、混乱に乗じて利益を得ようとする人間が出てくる懸念が指摘されている。中国漁船が難民ブローカーとなったり、北朝鮮による日本人拉致被害者をかたる人物が出てきたりすることが考えられるというのだ。「難民ビジネス」のようなふざけた行動を許してはならない。

 金正恩(キム・ジョンウン)体制崩壊後に起こり得る問題について考えるため、「特定失踪者問題調査会」が立ち上げた「『その後』プロジェクト」の会合が11月24日、東京都内で開かれた。

 プロジェクトの特別顧問を務める「北朝鮮難民救援基金」の加藤博理事長は、ベトナム戦争以後に起きた状況を重ね合わせてこう指摘する。

 「日本にベトナムのボートピープルがやってきたのは、ベトナムの船ではなく、中国の広東省と福建省の老朽化した船だった。ボートピープルと一緒にベトナムの華僑や中国にいる華僑の親戚(しんせき)も日本に運んできた」と話し、こう続けた。

 「北朝鮮は黄海上の漁業権を中国側に売っている。このため、中国の漁船が北朝鮮の領海に来て漁をすることは当たり前となっていて、北朝鮮の貿易部や水産事業部などの船とやり取りできる状況になっている。もし有事で北朝鮮の中央の統制が効かなくなったら、当局が中国の漁船とタッグを組んで『難民ビジネス』を始めるのではないか。過去の経験則からいってあり得ると思う」

 「ビジネス」として中国の漁船が運ぶ中には当然、カネを払って日本に渡ろうとする偽装難民が混じっている恐れも考えられる。

 同プロジェクトの特別顧問である評論家の三浦小太郎氏は「私たちが考えているよりも実際の拉致被害者の数がはるかに多い場合、難民の中に拉致被害者が含まれる可能性はゼロではない。逆に拉致被害者を偽装した難民が来る可能性だってある。そういったことに備えて日本政府が対処しているのか、私たちは今考えないといけないだろう」と指摘した。

 日本の水際防衛も懸念される。11月23日に秋田県由利本荘市に北朝鮮から来たという木造船が漂着した事案が発覚したのは、乗組員が上陸した後だった。

 調査会の荒木和博代表は「難民について、これまで海の向こうから船が来て、人が乗っかっているというイメージを持っていたが、(今回の事態は)『気がついたら難民が隣にいた』ということだ。こういうことが続くと、議論は『その後』ではなくなる。その割に永田町や霞が関は緊張感が足りないのではないか」と危惧する。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

カテゴリー: 最新NEWS | コメントする

習政権が文氏一行を超冷遇 韓国カメラマンをボッコボコ、日程短縮の「塩対応」、出迎えレベル格下げ…(夕刊フジ)

中国を訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領一行が、中国・習近平政権の「超冷遇」を受けている。当初予定していた4泊5日という日程は、中国サイドの「塩対応」で短縮を余儀なくされ、出迎え者のレベルも格下げされた。加えて、同行取材の韓国紙のカメラマンが中国側の警備員から集団暴行を受ける事件まで勃発した。文氏の訪中は、韓国が中国の従属下にあることを印象付ける結果に終わるのか。

 韓国・聯合ニュース(日本語版)は14日、文氏に同行取材中のカメラマンが中国側警備員の暴行を受け、ぐったりと倒れている写真を掲載した。

 カメラマンは同日午前、中韓貿易関連の式典出席を終えた文氏を追って移動していたところ、中国側の警備担当者らの制止を受けた。10人以上が取り囲み、殴ったり床に押し倒して顔を蹴ったりしたという。カメラマン2人が負傷し、1人は目の周辺の骨が折れているという。

 共産独裁政権下での、許し難い集団リンチとしかいいようがない。

 だが、中国外務省の陸慷報道局長は14日の記者会見で「(行事は)韓国の関係機関が主催したものだ」などといい、「小さな事故にすぎないことを望む」と語った。

 この事件は、中国による韓国の「格下扱い」を如実に物語っているとしかいいようがないのではないか。

 今回の文氏の訪中をめぐって、中国側は冷淡な態度を貫いてきた。

 《文大統領の訪中、当初4泊5日を準備…冷淡な中国の反応で3泊4日に短縮》

 韓国紙、中央日報(同)は13日、こんな見出しの記事を報じた。同紙によると、青瓦台(大統領府)は、過去の国賓訪中では最長の4泊5日の日程を企画した。だが、交渉の過程で、韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」について要求を強めるなどし、日程を1日減らすことになった。

 訪中が始まっても、中国の冷遇は続いた。

 北京の空港で13日、文氏を出迎えたのは中国の孔鉉佑外務次官補(朝鮮半島問題特別代表)だった。「昨年秋のフィリピンのドゥテルテ大統領の際は王毅外相が出迎えた」などと、14日付の韓国各紙はその冷遇ぶりを驚きをもって伝えた。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

カテゴリー: 最新NEWS | コメントする